独学で宅建取得を目指す人へ

独学受験は難関! 気合を入れて臨もう

宅地建物取引士の資格、通称“宅建”は不動産業界や住宅業界を始め、金融関係の企業などでも取得が勧められている、最もポピュラーな国家資格のひとつと言えるでしょう。
その知識は土地や建物などの不動産売買や仲介、賃貸に関することにまで渡っていて、ビジネスだけではなく、日常生活にも役立つことが満載。
ぜひ取得しておきたい資格です。

しかし、宅建は不動産に関する法律を知っていなければ取得できない資格でもあります。法律に触れたことのない初学者が独学で挑むには、ちょっと難しい試験かもしれませんね…。

そこで、そんな独学受験者の不安を払拭すべく、試験対策や勉強法についてまとめたサイトを立ち上げることにしました。かくいう管理人も、法律初心者でありながら、かつて独学で宅建試験に挑んだチャレンジャーです。
その経験も踏まえて、独学受験の難しさや受験のコツ、克服法をお伝えしていきたいと思います。

晴れて合格証書を手にする日を想像しながら、あなたも宅建試験に挑戦してみませんか!

>>すべての宅建受験者を救ってくれる勉強法<<